集中力が続かないと感じている方へ

集中力をできるだけ持続させる方法

 

 

大きな変化がたくさん起こるのが好きなのが
ADHDの人です。
単純で変わりがなく、同じような
日々というのは、耐えられません

 

 

単純作業や同じ作業を、
もくもくとこなすような仕事も苦手です。
仕事でいうと、パソコンの入力作業や
検品や点検といった作業です。

 

地道な作業が苦手なADHDは、集中力が途切れがち。

ここでは、集中力の持続についてお話しします。

 

集中力のなさが影響する?

何事も集中できず、続かないので

すぐに飽きてきます。
周りに意識がいき、気が散ってしまいます。

 

 

その上、苦手な単純作業となると、
逃避に入ります。
具体的には、眠たくなったり、
やる気を失ったりします。

 

 

また、イライラしながら作業をするため
ミスが多発したり、時間がかかります。

 

 

集中力が続かないのであれば途中で席を立ち、
動いたりして、気分転換も必要です。
ただ、直前にしていた作業や行動を
忘れないということが大前提です。

 

集中力の持続には、気分転換を適宜取り入れる事。

ですが直前の作業の事は、忘れないでください。

 

 

ADHDの集中力に関する特徴

時間をかけるのは大嫌い

長期戦になる仕事や、プロジェクトなどは

どんなと状況でも出てくるでしょう。
そんな作業は集中力を保ち続ける必要があり
なかなか手をつけることができません。

 

 

出だしは、がんばるぞと気合が入っても
スタミナ不足で、すぐにバテるのです。

 

物事を完了させられない

何事においても、ADHDの人は
集中力が途切れてしまいます。
ひとつを完了させるのに、とてつもなく
時間がかかってしまいます。

 

 

時間がかかっても完成すれば
いい状況のこともあるでしょう。
しかし、完成すらしない事もあるのです。

 

 

あきらめてしまうのが早いのも
ADHDの特徴です。
できないと思ったら、他の方法を考えず、
すぐにあきらめてしまいます。

 

 

ですが、これらは、いい加減な人、責任感が
ない、など自分自身の評価にも悪影響です。

 

向いていない仕事は事務作業

 

毎日同じような内容を繰り返すような仕事は
とても苦痛です。
刺激がないので、すぐに集中力がなくなり
飽きてきてしまいます。

 

 

飽きてくると、睡魔が遅い、結果、
ミスが出て、怒られてしまいます。

 

 

どんな仕事でも、向き不向きがあります。
ですが、まかせてもらった仕事があると
いうことは、信頼されているのです。

 

 

その信頼を裏切らないためにも
集中力を持続させていきましょう。

 

ADHDの人は、向いている仕事に従事しましょう。

信頼関係を結べる仕事だと、人生も豊かになります。

 

次のページでは自制することを
意識しようという話をします。
ADHDははまりやすい人が多い!

 

 

ADHDはすぐにイライラするのページに進む

 

ADHDの大人の特徴一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

@注意力がなく、集中できない
注意力が欠けていたり、ちょっと散漫になったりすることは、人間ですので誰にでもあります。ですが、ADHDの人は、意識しても持続できなかったり、通常の注意力散漫の程度とは違うのです。
A同時処理・同時進行が苦手
性格的なものもありますが、2つ以上のことを同時進行させるのが苦手な人もいます。ですがADHDの人は顕著にそれが出ています。ひとつのことをすると、もうひとつを忘れてしまうので、できるだけひとつずつを完了させていくようにしましょう。
B人の話が聞けない・理解できない
コミュニケーションを取る時において、ADHDの人が特に気を付けるポイントがあります。それは相手の話を聞く、途中で割って入らないなどです。聞くのが上手ではないので、意識する必要があります。
C先延ばしにする・改善対策
嫌なことを先に延ばしたくなる気持ちはとてもよく分かります。ですが期日があるもの、締め切りが迫っているものなどを先に延ばせば延ばすほど、時間のゆとりもなくなってきます。焦ることがないように、余裕をもって作業に取りかかる心構えが大切です。
D物忘れがひどい・改善対策
忘れっぽいという人の中でも、本当に忘れてしまう人と、言い訳で忘れたという人がいます。ADHDの特徴として、忘れてしまうのは本当に記憶に残っていないことが多く、さっきまでしていた作業も忘れてしまうこともあります。
F感情のコントロールが苦手・起伏が激しい
時間つぶし程度の依存であれば、それほど問題にはなりません。ですが、ADHDの人はハマってしまう傾向が多く、それが時として、抜けられないような依存になっていることもあります。何事においても適度にするように心がけましょう。
G想像力が豊か
周りとの協調性を保つことは、社会の中で暮らす上で大事なことです。自分だけが良ければ、というような自己中心的な考えは捨てて、能力に見合うだけの力をつけていきましょう。
H怪我が多い・しやすい
怪我をすることは多いのですが、事故などでひとを傷つけてしまうことも多いのがADHDの人です。もちろん、意識してやっていることではないのですが、不注意が原因ですので、周囲への配慮、注意深さを意識するようにしましょう。
I退学・失業・離婚など長続きしない
相手を選ばず怒ることがあるため、ADHDが原因でそうなったとしても、相手はそうは受け取ってくれません。そのおかげで、人間関係がうまくいかないことも多く、ADHDの人は損をしていることが多いのです。