事故やけがを未然に防ぎたい方へ


事故や危険を未然に察知する方法

 

 

ADHDは自動車の事故率が高いという
調査結果があります。
特に、交通法規違反での出頭命令が
多く目立ちます。

 

 

他にも、免許停止や取り消し、
スピード違反も多いです。

 

 

ADHDの特徴として、注意力が散漫です。
また、集中力も持続しないので、結果として
事故率が上がってしまうのです。

 

ここでは、ADHDの運転の危険性について説明します。

ドライバーの方は、必ずチェックしてください。

 

どんな状態で運転しているの?

刺激を受けやすい性質があるので

周囲に意識がいきます。
よそ見をしている状態ですので、
衝突事故がとても多いです。

 

 

AT車運転中の事故はMT車に比べて
かなり多くなっています。
AT車は自動なので、単純作業に
飽きてくるのです。

 

ADHDの特性の一つ、単純作業が苦手だという点が、

交通事故の要因となっている事は覚えておきましょう。

 

仕事中の事故率が高い

一般的に注意やチェックをしていれば

問題が起きないことがあります。
ですが、ADHDの人は不注意などから
事故を引き起こすことが多いのです。

 

 

仕事で選ぶ職種は気をつけた方が
よさそうです。
乗り物の運転や機械操作は単調なので
避けた方がよさそうです。

 

日常生活でもケガすることが多い

誰でもケガをすることはあります。

ADHDの人は、特に小さいころから、
怪我が多く発生しているようです。

 

 

歩いていても、遊んでいても、注意力が
散漫だったりします。
ちょっとした段差に気付かずこけたり、
明らかな穴にはまったりします。

 

 

未然に防げることであっても、
気付かないことも多いのです。

 

 

そして、事故などにつながり、
痛い思いをすることになります。

 

 

痛い思いは、自分だけならいいでしょう。
ですが、周りへ影響を及ぼすことだって
可能性としては考えられるのです。

 

 

大人になっても、危険察知が
うまくできないので、けがは多いのです。

 

 

運転は時として人の命をも奪います。
人生を棒に振らないためにも、意識して
周囲への配慮をしましょう。
そして、自分自身を守ってあげましょう。

 

取り返しのつかない事故を招く前に、周囲へ注意を払い、

配慮するよう習慣づけるようにしましょう。

 

次のページでは意識して
続ける努力をしようという話をします。
人生の中でも様々なことが長続きしない!

 

 

ADHDは退学・失業が多いのページに進む

 

ADHDの大人の特徴一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

@注意力がなく、集中できない
注意力が欠けていたり、ちょっと散漫になったりすることは、人間ですので誰にでもあります。ですが、ADHDの人は、意識しても持続できなかったり、通常の注意力散漫の程度とは違うのです。
A同時処理・同時進行が苦手
性格的なものもありますが、2つ以上のことを同時進行させるのが苦手な人もいます。ですがADHDの人は顕著にそれが出ています。ひとつのことをすると、もうひとつを忘れてしまうので、できるだけひとつずつを完了させていくようにしましょう。
B人の話が聞けない・理解できない
コミュニケーションを取る時において、ADHDの人が特に気を付けるポイントがあります。それは相手の話を聞く、途中で割って入らないなどです。聞くのが上手ではないので、意識する必要があります。
C先延ばしにする・改善対策
嫌なことを先に延ばしたくなる気持ちはとてもよく分かります。ですが期日があるもの、締め切りが迫っているものなどを先に延ばせば延ばすほど、時間のゆとりもなくなってきます。焦ることがないように、余裕をもって作業に取りかかる心構えが大切です。
D物忘れがひどい・改善対策
忘れっぽいという人の中でも、本当に忘れてしまう人と、言い訳で忘れたという人がいます。ADHDの特徴として、忘れてしまうのは本当に記憶に残っていないことが多く、さっきまでしていた作業も忘れてしまうこともあります。
E集中力が無い・高めるには!?
飽き性な人が多いため、いろいろなことが気になって、いろいろなことをやってみますが、長続きしないということが多いです。一つを長く続けることができなくても、すぐに目移りせずに、ある程度続けていけるようになるのも大切です。
F感情のコントロールが苦手・起伏が激しい
時間つぶし程度の依存であれば、それほど問題にはなりません。ですが、ADHDの人はハマってしまう傾向が多く、それが時として、抜けられないような依存になっていることもあります。何事においても適度にするように心がけましょう。
G想像力が豊か
周りとの協調性を保つことは、社会の中で暮らす上で大事なことです。自分だけが良ければ、というような自己中心的な考えは捨てて、能力に見合うだけの力をつけていきましょう。
I退学・失業・離婚など長続きしない
相手を選ばず怒ることがあるため、ADHDが原因でそうなったとしても、相手はそうは受け取ってくれません。そのおかげで、人間関係がうまくいかないことも多く、ADHDの人は損をしていることが多いのです。