ADHDについて相談したいと悩んでいる方へ

相談することで、
とても気持ちが軽くなりました

 

 

ADHDの診断や相談を
きちんとできるところは、とても少ないです。
発達障害であれば、
医療機関の受診になります。

 

 

見つからない時は障害者に関する公共機関や
支援団体を頼るのもひとつの手段です。

 

ここでは、相談窓口となる専門機関についてご紹介します。

支援を必要とするならば、門を叩いてみませんか。

 

発達障害者支援センターってどんなところ?

発達障害者支援センターは、ADHDを含む
発達障害者を支援する専門機関です。
各地域の指定都市に設置されています。

 

 

支援の内容

 

  1. 相談
  2. 発達
  3. 就労
  4. 普及啓発と研修

 

上記4つになります。
例えば相談では、障害を持つ本人や
家族が訪れます。

 

 

日常生活の中での悩みなどについて
相談できます。
医師や心理士などの有資格者
対応してくれます。

 

 

また必要に応じて、様々なことに対する
紹介もしてくれます。
電話相談もできますので
気軽に相談することができる機関です。

 

発達障害者支援センターが近くにある方は、お電話を。

有資格者が、相談に乗ってくれるのです。

 

お互い支え合える『会』がある

ADHDを持っている人同士、もしくはADHDの

子を持つ親同士が支え合う必要があります。
各地でこういった自助グループなどが
できています。

 

 

インターネットで検索してみましょう。

 

 

悩みについてお互い話し合ったり、
何かにつまづいたけど乗り越えた体験談です。

 

 

これらの体験談を聞くだけでも
とてもためになる情報です。
もちろん失敗談も聞けるので
参考にしていきましょう。

 

 

相談に対して、複数のアイデアが得られたり、
ADHDの付き合い方のヒントが得られます。

 

ひとりで悩んでいると、行き詰ってしまう事があります。

是非、同じ悩みを共有できる人と繋がりましょう。

 

就労支援はハローワークで

 

発達障害でも仕事を探すことはできます。
就労支援しているところとして、
障害者職業センターやハローワークなどです。

 

 

この2つの活用方法の大きな違いとしては
職業センターの利用は障害者手帳が必要です。
ですが、弱点としては障害者全般を
支援しているのでADHDには特化していません。

 

 

それに対し、ハローワークは特別なものは
必要なく、自由に活用することができます。
さらに発達障害に詳しい人を配置していて
かなり有益な情報が得られます。

 

 

どちらが合うかは、その人次第ですが
活用の敷居がひくいのはハローワークです。
勇気を出して相談に行ってみましょう。
考える以上に、優しく受け入れてくれます。

 

障害者職業センターもハローワークも、発達障害の就職に

関する知識に長けたスタッフがいるので安心です。

 

次のページでは、ADHDの対処法についてまとめます。
大人が職場ですべき対処法と、
子供向けに学校でしてもらいたい対処法について
まとめてみました!

 

 

ADHDの対処法に進む

 

大人のADHDの治療法一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

ADHDの診断基準にはDSMが使われている
大人のADHDはなかなか見つけることは難しいとされています。ですが、DSMやCAARSを使って専門的に診察していくことで、判別や重症度の確認をすることができるようになっています。
大人のADHDの専門医はとても少ないのが現状
診断名がついても、合併症や併存症の症状が表面に見えていて、実はADHDという病気が裏に隠れていることがあります。そんな時、カウンセリングを重ねる中で、診断名が変わることもあります。
ADHDに対する完璧な治療法はまだない
ADHDを治療する方法として、やはりメインとして挙がってくるものは、薬物治療でしょう。並行して他の治療法を取り入れることで、ADHD特有の行動を押さえることができます。それは周りからのサポートを手に入れるきっかけにもなるでしょう。
ADHDの治療薬の代表でおすすめできるものはこの2つである
ADHDにはコンサータとストラテラという治療薬が存在します。特に有名なのが、コンサータで、中枢神経刺激薬とされています。使い方を間違えると、人命に危険が及びますので、必ず医師の処方のもとで服用しましょう。
薬の使用には注意して、うまくADHDと付き合おう
ADHDの治療にはコンサータとストラテラを使用します。コンサータは中枢神経刺激薬で、ストラテラは非中枢神経刺激薬です。コンサータは副作用が少しありますが、ストラテラは比較的副作用は少ないとされています。
薬によるADHDの症状緩和の有効性
ADHDの治療方法は今のところ、薬物治療がメインとなっています。第一に選択される薬として、コンサータと呼ばれる中枢神経刺激薬があります。精神薬は依存性があると言われていますが、正しく使えば問題ありません。
ADHDの併存症でも行動で防げるものがある?学習障害・自閉症
併存症として現れるものの中でも、脳の偏りが問題として挙げられるものに、学習障害や広汎性発達障害、通称自閉症と言われるものがあります。これらは薬物治療よりも行動療法での治療が主となっています。
ADHDのその他の併存症(てんかん)に対する治療法とは?
てんかんや強迫性障害は、ADHDの併存症でもあります。これらは薬物治療をすることによって、症状を抑えることができます。薬を減量するまで時間はかかりますが、始めてみる価値はあるでしょう。
ADHDの患者は精神的に弱いところがある?不安障害・うつ
ADHDの併存症に、うつや不安障害があります。誰でも多少の気分の波や、不安は抱えて生きているものです。ですが、うつや不安障害と診断される人は簡単には抜け出せないものです。適切な治療を受けることで、症状は改善します。