ADHDの最新治療を知りたい方へ

今、大人のADHDに関する
治療法の進歩が目覚ましいのです

 

 

近年、大人のADHDに関する
治療法の進歩には、目覚ましいものがあります。

 

 

以前は無かった薬も開発され
よりADHDに苦しむ大人の悩みを
軽くしてくれます。

 

 

積極的に治療を行い、症状を軽減させましょう
治療法が正しければ
多くの人が併発させる併存症まで
予防や治療が出来てしまうのです。

 

最新のADHD治療法〜大人編〜

 

大人のADHDは、こうして診断する

みなさんは、どのようにADHDだと診断されるか
ご存知でしょうか?

 

基本的には、DSMという
診断の手引きを利用します。
チェック項目が細分化されており
現在も改訂が進んでいます

 

 

詳しい解説はこちら

 

発達障害者支援センターを正しく利用する

発達障害で悩む人にとって

発達障害者支援センターの存在は
欠かせないまでに大きくなっています。

 

有資格者によって、悩みを受け止め
解決策を提案してくれますので
利用する方が増えているのです。

 

せっかく利用するならば、
今の現状を正しく説明する必要があります。

 

メモを利用したり、親と共に行くなど
最大限の効果が得られるように
準備をしておきましょう。

 

 

詳しい解説はこちら

 

ADHDの3つの治療法

今のところ、完治までには至りませんが

ADHDの治療法は主に3つあります。

 

薬物治療、環境調整法、認知行動療法

 

以上3つを、個人の症状によって
時には組み合わせながら治療が進みます。

 

大切な事は、
素人判断で治療に望むのではなく
正しい知識を得て、専門家の診断を仰ぐことです。

 

そのうえで、個人で工夫が出来るところは
ポイントを押さえて積極的に行うべきなのです。

 

 

詳しい解説はこちら

 

気をつけたい治療のポイント

治療法は、基本的には薬物療法となりますが
薬の使用には注意も必要です。

 

  1. 薬の効果と作用、副作用を知る
  2. 併存症の予防と治療
  3. ストレスが原因の併存症にどう対応するか

 

以上は、私自身気をつけていたポイントです。
医師が処方してくれるお薬を知り、
薬物依存にならないよう、量の調整なども
自分で意識し、医師に相談していました。

 

もしかすると、ADHDの治療方法について
偏見や過度の不安を持っている方もいるでしょう。

 

ですが、正しい知識と行動で、
ADHDの症状を軽くし、今よりも笑顔を増やすことが大切です。

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

大人のADHDの治療法<<診断基準と病院か薬か?>>記事一覧

ADHDを診断する2通りの方法ADHDを診断するには、基準は大人も子供も同じです。基準として使われているものにDSMというアメリカ精神医学会のものがあります。これは『精神疾患の分類と診断の手引』というもので、ずっと改訂され続けています。今はDSM-W-TRの4版が使われています。DSMは子供向けのものなの?DSMによる診断基準は、子供に対して作られました。多くのチェック項目は、子供の行動を表現し...

あなたはどんなタイプの子供でしたか?大人がADHDを診断してもらうには、どこに行けばいいのでしょう。診てもらえる『科』は、精神科、神経科、心療内科になります。ですが、行けば診てもらえて、診断をつけてもらえるものではありません。これらを専門的に診ることができる医者はとても少ないのです。もし近くで専門医を見つけられない時は、相談できるところがあります。『発達障碍者支援センター』です。ここでは、ADHD...

あなたが望むならADHDを緩和できます ADHDが起こる原因は、脳に偏りが起こるためでした。医学や治療が先進している今でも脳の偏りを根本的には治せないのです。ADHDの人にとっては、この病気と一生付き合っていかなければならないのです。ですが、行動やトラブルなどを治療で減らすことはできるのです。ADHDを治療する方法について、詳しく説明します。完治は出来なくても、緩和させることは可能なのです。ADH...

治療薬で少しは楽になりましたADHDの治療薬としてコンサータとストラテラがあります。コンサータはメチルフェニデート塩酸塩、ストラテラはアトモキセチン塩酸塩です。コンサータとストラテラ薬名種類適用年齢コンサータ中枢神経刺激薬(中枢神経に直接働きかける)18歳未満ストラテラ非中枢神経刺激薬18歳以上服用可コンサータの働き方コンサータは神経細胞内で活躍します。神経伝達物質のドーパミンを活性化させるので...

ADHDの症状を緩和させる秘訣ADHDの治療として、コンサータ18mgを1日1回から始めます。コンサータは1日1回の服用となっています。まずはこれを、2週間ほど続けて様子を見ていきましょう。様子を見て、少しずつ増量していきます。増量することで、副作用のリスクももちろん高くになります。作用効果と副作用の両方をきちんと見ることが大切です。ADHDの症状が楽になるお薬について、お話しします。副作用も考...

あなたも集中力を手に入れたくありませんか?ADHDに対する日本の治療は海外に比べて遅れています。今日は、海外でも大人のADHDの治療には薬物治療が行われています。コンサータと同成分でADHDの大人に投与してテストすると、約80%に効果が出ています。海外では薬を使う方が、使わないよりもリスクは小さいと言われています。ここでは、投薬によるADHDの治療についてご紹介します。効果や具体的な副作用が気にな...

私はどのように併存症を克服したかADHDの併存症にも治療法はあります。基本的にADHDの人のほとんどは併存症を持っていると言われています。ですので、合わせて治療していくことが必要となってきます。ここでは、ADHDの併存症の乗り越え方をお話しします。克服するには、それぞれコツがあるのです。ここでは、ADHDの併存症の乗り越え方をお話しします。克服するには、それぞれコツがあるのです。学習障害に対して...

あなたが強迫性障害なら治療できます ADHDの代表的な併存症は学習障害と自閉症です。その他にも起こりえる併存症もあります。ひとつひとつの特徴と治療法を理解していきましょう。てんかんや、強迫性障害について説明します。治療が可能ですので、強い不安はもう必要ありません。てんかんや、強迫性障害について説明します。治療が可能ですので、強い不安はもう必要ありません。てんかんの特徴てんかんの主な治療法や薬物治療...

あなたはどんなタイプのうつ病ですか?ADHDの併存症として、精神的なものもあります。これらは現代人のストレスによって誘発されることも多く、見分けが難しいです。今の社会で暮らしていく上で、ストレスは体にとって大きな負担となります。できる限り、ストレスを発散して過ごしていくことが大事です。不安障害と治療法不安障害とは何か心配事が出ると気になってしまったりする障害です。もちろん、不安障害をひとくくりには...

相談することで、とても気持ちが軽くなりましたADHDの診断や相談をきちんとできるところは、とても少ないです。発達障害であれば、医療機関の受診になります。見つからない時は障害者に関する公共機関や支援団体を頼るのもひとつの手段です。ここでは、相談窓口となる専門機関についてご紹介します。支援を必要とするならば、門を叩いてみませんか。ここでは、相談窓口となる専門機関についてご紹介します。支援を必要とするな...