豊富なアイデアを現実のものにしたい方へ

豊富なアイデアを実現するための秘訣

 

 

得意なことを生かしたり、豊富なアイデアを
実現したいと思うことがあるでしょう。
それらを実現するためには、実現できる
環境を作ることが大事です。

 

 

環境をつくるということは、良好な
人間関係があるということです。
ADHDのことを理解してくれた上で
サポートしてくれる人がいるということです。

 

ADHDの理解者を探す

何よりも大事なのは、ADHDのことを

理解してくれる人を見つけることです。
一度理解してもらえると、助けてもらえたり、
サポートしてもらうことができるのです。

 

 

今の職場で難しいと感じているのなら
転職するのも一つの方法です。
就職支援などでそうだんすれば、そういった
職場を探す手助けをしてくれるでしょう。

 

 

会社の社風を作るのは、歴代の社員であり
それを支えている、管理職です。
もちろん経営者の提示する方法によっても
社風や雰囲気は左右されるでしょう。

 

 

ADHDがあることが分かっているのであれば
あらかじめそれを伝えるべきです。
そして理解をしてくれる会社、
理解してくれる人がいる職場を選びましょう。

 

ADHDを理解して貰うだけで、毎日の生活が一変します。

誤解されることもなくなり、精神的にも安定するでしょう。

 

社内ルールは守るもの

ADHDを持っている人は、どうしても

一般的なルールの枠外に出てしまいます。
いいアイデアが思いついたら、上司への
相談や了承なく、始めてしまうのです。

 

 

もしくは、取引先に直接持ち込んで
勝手に話を進めてしまうこともあるでしょう。
衝動的に行動にうつしたくなってしまうのは
ADHDの特性のひとつです。

 

 

アイデアを実現するために、上司への相談
一言すれば済む話なのです。
ですが、ADHDの人は、それさえも忘れて
しまうことが多いのです。

 

 

せっかくのいいアイデア、実現できるものが
泡となってしまい、もったいないです。

 

思いついたら、即行動!では、アイデアがつぶれます。

まずは一言、周囲に相談することが第一ステップなのです。

 

感謝の気持ちはいつも忘れずに

いろいろな場面で、たくさんの人に
助けてもらうことがあります。
サポートしてくれたり、気遣ってもらったり、
大変なことを変わってくれたりします。

 

 

ADHDがあってもなくても、お互いに
支えあって、助けあうことで成り立ちます。
それを当たり前だと思わず、
常に感謝の気持ちを持ち続けましょう。

 

 

そして、その気持ちを、タイミングよく
相手に伝えていきましょう。
その一言は、人間関係の潤滑油であり
気持ちを近づける大事な言葉です。

 

 

ちょっと出かけたときのお土産などを
渡すのも、相手の心に響きます。
感謝の気持ちは、どれだけ言われても
嬉しいものなのです。

 

気配りが苦手なら、相手の心に響く手段を覚えておきます。

それを実行すれば、良好な関係を保てるのです。

 

 

次のページでは苦手な片づけを
要領よくするためのコツを押さえようという話をします。
ADHDは家庭でたくさん問題が起こるので、
その時々の対処法についてまとめました!

 

 

ADHDの家庭での問題に進む

 

ADHDの対処法一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

@約束やスケジュールを忘れる
ADHDの人は比較的忘れぽっかったり、物をなくしたりすることが多いです。ですが、工夫をすることによって、特に『忘れる』というところを防ぐことができるようになります。
A忘れ物が多い・ものをすぐ無くす
忘れ物をしやすい傾向にあるADHDの人は、忘れないようにする工夫をする必要があります。パソコンや携帯のアラームやリマインダー機能を有効に活用することで忘れることを防げます。
Bうっかりミスをしてしまう・ミスが多い
相手の話を最後まで聞くことは、人として当たり前のことです。途中で遮らず、最後まで聞いて理解をしましょう。そして疑問などを聞くようにします。聞いたこと、指示はすぐに書き留め、復唱して確認をとる癖を習慣づけましょう。
Cコツコツ行う作業や勉強が苦手
集中を持続することは、普通でも難しいものです。ですが、工夫をすることで、持続することは可能なのです。時間を決めて集中したり、気が散らないような環境を作るのも工夫のひとつです。
D作業の段取りや計画が立てられない
頼まれた仕事を安請け合いしていると、手が回らなくなってパンクしてしまいます。それを未然に防ぐためには、依頼があった時に、できるかどうかを冷静に判断して、時には断る勇気も必要となるのです。
E時間配分を計画できない
うまく時間を配分できない時、予定がすべて狂ってしまうことになります。予定が狂うと、周りへの迷惑が生じたりして、信頼を失っていくことにつながります。それらを避けるために、時間配分をすることが大切なのです。
F人間関係で躓きやすい
家庭でも会社でも学校でも、人間関係があって組織がなりたっています。お互い信用していなければ、人間関係は成り立ちません。相手の信用を得るためにも、そして自分が相手を信頼するためにも、きちんと分かり合える必要があります。