時間の管理ができるようになりたい方へ

時間管理で
余裕が生まれるようになりました

 

時間をうまく配分できない理由として

時間に対する見積もりの不十分さがあります。
見積もる時にぎりぎり、もしくは不可能な
時間で見積もることが多いのです。

 

 

余裕を持った時間配分で、残った時間を
リフレッシュにあてることも大事です。
ずっと続けて、走り回っていると
できることもできなくなってしまうのです。

 

ここでは、時間調整の具体的な方法についてお話しします。

上手に配分すると、仕事が効率よく進むのです!

 

ゆとりをもつことが大事

見積もりでゆとりを持たせるときは

時間単位だけで作ってはいけません。
1日単位、週単位でも見積もりましょう。

 

 

そうすることで、先の見通しを立て
1日単位でできなければ、週へ移せるのです。
必ず、余裕を持った時間の配分を心がけ、
ぎりぎりの計画は避けていきましょう。

 

 

予定より早く終わったら、褒められます。
ですが、予定を1分でも過ぎてしまうと
すぐに悪い評価になってしまいます。

 

 

口ばかりで、行動がなっていないと
思われないように注意しましょう。
失った信頼は、簡単には取り戻せないのです。

 

大きな時間のかたまりで、仕事の配分を行います。

社会で認められるためにも、コツを覚えましょう。

 

詰め込みすぎるとパンクする

時間配分の注意点

 

予定の時間配分は、1日の中で大きく分けて立てる。
10分単位、30分単位は細かすぎます。

 

1日の予定を立てる時は、予定同士が重ならないようにする。
予定と予定の間に余裕の時間があることも、計画を立てる上での重要なポイントです。

 

絶対にやるべき仕事の間には、調整できる仕事を挟む。
そうすることで、調整をしやすくなったり移動させて時間を作ることができます。

 

調整ができる予定を挟んでいくことで
絶対しなければいけない仕事を完了できます。
そして時間があれば、調整する仕事も
その日中に終わらせることができるのです。

 

 

時間を上手に使うことは、予定がうまく
立てられていることになります。

 

時間確認の工夫

ADHDの人は、何かに集中すると

ほかのことをすっかり忘れてしまいます。
それは何か重要な予定であったとしても
忘れてしまい、問題になってしまいます。

 

 

集中しても時間が分かるような工夫を
することで、回避できる問題です。
アラームやタイマーを設定するのは
とても有効な手段です。

 

 

ただし、音の大きさは周囲へ迷惑を
かけない程度にするか、マナーにしましょう。

 

 

タイマーで時間を教えてもらうことで
区切りをつけて仕事を切り替えられます。
そして次の仕事に集中する前に
また次の区切りの時間を設定しましょう。

 

 

アラーム機能は、仕事以外でも活用できます。
電車での移動、ちょっと休憩するなど
時間の区切りをしっかり認識すべき時です。

 

 

ほかの人に迷惑をかけないように
自分自身で注意していくことも大事です。

 

アラーム機能を活用するなど、出来る事は実行しましょう。

人に迷惑をかける事は、極力避けるようにします。

 

次のページでは難しい人間関係の
構築の仕方を身につけようという話をします。
ADHDの特性を自分から伝えることが大事!

 

 

人間関係が上手くいかない時の対処法に進む

 

ADHDの対処法一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

@約束やスケジュールを忘れる
ADHDの人は比較的忘れぽっかったり、物をなくしたりすることが多いです。ですが、工夫をすることによって、特に『忘れる』というところを防ぐことができるようになります。
A忘れ物が多い・ものをすぐ無くす
忘れ物をしやすい傾向にあるADHDの人は、忘れないようにする工夫をする必要があります。パソコンや携帯のアラームやリマインダー機能を有効に活用することで忘れることを防げます。
Bうっかりミスをしてしまう・ミスが多い
相手の話を最後まで聞くことは、人として当たり前のことです。途中で遮らず、最後まで聞いて理解をしましょう。そして疑問などを聞くようにします。聞いたこと、指示はすぐに書き留め、復唱して確認をとる癖を習慣づけましょう。
Cコツコツ行う作業や勉強が苦手
集中を持続することは、普通でも難しいものです。ですが、工夫をすることで、持続することは可能なのです。時間を決めて集中したり、気が散らないような環境を作るのも工夫のひとつです。
D作業の段取りや計画が立てられない
頼まれた仕事を安請け合いしていると、手が回らなくなってパンクしてしまいます。それを未然に防ぐためには、依頼があった時に、できるかどうかを冷静に判断して、時には断る勇気も必要となるのです。
F人間関係で躓きやすい
家庭でも会社でも学校でも、人間関係があって組織がなりたっています。お互い信用していなければ、人間関係は成り立ちません。相手の信用を得るためにも、そして自分が相手を信頼するためにも、きちんと分かり合える必要があります。
Gルールが守れない
ADHDを受け入れてくれる環境と、受け入れてくれない環境では、同じ『働く』仕事であっても、日々自分にかかるストレスや楽しさが大きく変わります。受け入れてもらえるように努力することも大事ですし、ある程度の一般ルールを守るのも大切なことだと覚えておきましょう。