ADHDで発生するミスを減らしたい方へ

ADHDのうっかりミスは、
工夫次第でゼロを目指せます

 

 

ADHDの特性のせいで、
うっかりミス、忘れ物、失くし物など
生活がうまくいかず、
悩まされているはずです。

 

 

しかも、社会に出ると
仕事上「すみません」では
済まない事も多々あるでしょう。

 

 

ここでは、ADHDの人が
社会的信用を失わないように
ミスを事前に防ぐ方法について
ご紹介します。

 

約束を忘れない工夫

約束を忘れたり、忘れ物をするなど

ADHDの人は、忘れっぽいという
特性を持つことがあります。

 

 

ですが、ビジネスシーンで
これらのミスは致命的です。
ポイントは4つ。

 

  1. 時計の針に工夫をする。
  2.  

  3. 携帯やパソコンを上手に使う。
  4.  

  5. 周囲の人に協力を仰ぐ。
  6.  

  7. ファイルを使い分ける。

 

幾重にも、忘れない為の工夫をしておくのです。
これで、約束を守れる社会人に
生まれ変わる事が出来るでしょう。

 

仕事上のミスを減らす

ADHDの人の仕事には

ミスが多い事が多々あります。
私も、以前はミスばかりで
仕事を回して貰えない事もありました。

 

ですが、以下の点に気をつけるだけで
信頼が回復していったのです。

 

  1. 人の話は最後まで聞く。
  2.  

  3. 聞いた話は、ポイントを押さえてメモに取る。
  4.  

  5. 他人も巻き込み、勘違いを減らす。
  6.  

  7. 集中できる環境を作る。

 

これらを実行すれば、
大半のミスが防げます。

 

ADHDの困った特性である、
人の話を最後まで聞かない、
コツコツとした作業が出来ない、
という点をカバーすれば良いのです。

 

 

その他の工夫点

その他にも、ADHDの人は

時間配分がとても苦手だと言われます。

 

 

その為納期に間に合わなかったり
優先順位が高い物ほど
手が付けられていなかったりするのです。

 

これらを防ぐためには

 

  1. 作業計画を考え、無理な仕事は保留してもらう。
  2.  

  3. 同僚に仕事の段取りを考えて貰う。

 

以上の点が大切です。

 

周囲の人の協力を、
時々借りる場面も出てきますので
「ありがとう」「すみません」
の言葉と、努力する姿勢だけは
欠かさない事がポイントになります。

 

 

私自身、上記の方法を取り入れただけで
自分でも驚くほど、仕事のミスが激減しました。

 

 

仕事が上手くいかない、
社内で信頼を寄せられていないと感じる、
と悩んでいる人は、ぜひ仕事に工夫を取り入れてみましょう!

 

 

次のページから、職場や学校で出来る対処法を
詳しくまとめていきます。
まずは約束を忘れてしまう方の対策です。
まずはこの方法から実践してみましょう!

 

 

約束を忘れるときの対処法に進む

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

ADHDの対処法<<大人の職場・子どもの学校>>記事一覧

工夫をしてくだされば、サポートしますADHDの特徴として忘れっぽいところがあります。簡単な約束から仕事の取引の大きいことまで全て含まれています。例としては、日時や場所を間違えていたり、約束自体を忘れているのです。それは信頼意を失うという重大なことにつながります。ADHDの「忘れやすい」という欠点を、いくつか工夫することで、乗り越える方法についてお話しします。ADHDの「忘れやすい」という欠点を、い...

ADHDに多い忘れ物を防ぐための方法ADHDの人は物をなくすことが多いようです。そして、後ほど見つかることも多く、同じものが増えていく傾向があります。分かりやすく、そして目につきやすいように工夫していくことが大切です。色つきのファイルを活用仕事では取引に必要な重要書類や契約書、学校ではレポートや宿題があります。これらをどこにおいたか覚えていない、入れ忘れてきて持っていないことがあります。自分自身...

警告「ミスの積み重ねはあなたへの信頼を落とします」ADHDの人はミスが多いといわれています。覚え間違いや、言われたことを忘れることが原因となってしまうのでしょう。最後まで話を聞かないために、重要なポイントを聞き逃してしまうこともあります。聞いただけで終わらせずに工夫することが大事です。ADHDの人が起こしがちなミスの防ぎ方をご紹介します。効果的な方法で、仕事をスムーズにこなしましょう。ADHDの...

あなたは集中することができますか?単純な作業やコツコツしていく作業はADHDの人が苦手とする分野です。こういった仕事は、どんな職業でもひとつは必ず出てきます。代表的なものでいうと、レポートや企画書を作ることです。どんな会社でも出てくることなのでできるための工夫を考えましょう。ADHDの人が集中できるような、工夫の仕方を説明します。準備をしておけば、仕事の効率はアップするでしょう。ADHDの人が集中...

段取りをうまくつけるための秘訣ADHDの人は、頼まれると断れない傾向がとても強くあります。そして、安請け合いをしてしまい、全部処理できずにパンクするのです。それは信頼した人へ迷惑をかけてしまうことにもつながります。やりたいと思っても、できる確信がなければ断るようにしましょう。中途半端が一番よくありません。すべてにおいてが社会では必要とされるのです。請ける前に確認を時間的に可能かどうか確認をするすで...

時間管理で余裕が生まれるようになりました時間をうまく配分できない理由として時間に対する見積もりの不十分さがあります。見積もる時にぎりぎり、もしくは不可能な時間で見積もることが多いのです。余裕を持った時間配分で、残った時間をリフレッシュにあてることも大事です。ずっと続けて、走り回っているとできることもできなくなってしまうのです。ここでは、時間調整の具体的な方法についてお話しします。上手に配分すると、...

あなたも良好な人間関係を手に入れたくありませんか?ADHDの特性である人間関係の構築の難しさは相手に伝えて分かってもらう必要があります。もちろん、伝えて分かってくれる人と分かってくれない人がいます。ですが、伝えないことには、何も状況は今と変わることがないのです。勇気を出して、話しかけて、自分について話してみましょう。固定観念を打ち破るどうしても人間ですから、思い込みやこうだろうという固定観念を持っ...

豊富なアイデアを実現するための秘訣得意なことを生かしたり、豊富なアイデアを実現したいと思うことがあるでしょう。それらを実現するためには、実現できる環境を作ることが大事です。環境をつくるということは、良好な人間関係があるということです。ADHDのことを理解してくれた上でサポートしてくれる人がいるということです。ADHDの理解者を探す何よりも大事なのは、ADHDのことを理解してくれる人を見つけることで...