苦手なものを克服したいと考えている方へ

あなたもすてきな職場を
手に入れたくありませんか?

 

ADHDを持っていると、どうしても特性で

一般的にはマイナスに見える面が出ます。
それらを自分自身でまずは受け入れて
どう対処するか考えることが大切です。

 

 

自分が努力しないことを
周囲の人は助けてはくれません。
サポートをもらえるように
努力は続けていきましょう。

 

ここではADHDの人が、特性と上手く付き合いながら、

社会で活躍できる方法についてお話しします。

 

苦手だといって逃げないで

ADHDの特性には忘れっぽい、飽きっぽい、

ミスが多いというものがあります。
仕事では単純作業などは大の苦手です。
家庭では家事が苦手です。

 

 

苦手だからといって逃げていると
上達は絶対にしません。
だからといって無理をして
する必要もないのです。

 

 

苦手なものでも、短い時間を少しずつ
続けていくことで、慣れてくるでしょう。
少しずつ続けることで、楽しさが見えたり
新しく挑戦してみようと思うこともあります。

 

 

最初からできない、苦手だとあきらめずに
やってみようと努力しましょう。
努力していることを
周囲はきちんと見てくれています。

 

 

苦手だということを受け入れた上で
努力することが大事だということです。
もちろん得意な分野は、どんどん手をつけて
がんばればいいでしょう。

 

逃げてばかりでは、周囲の評価も下げてしまいます。

少しずつ続ける事が、大切なのです。

 

得意なことはありますか

 

自分の得意なことを知っていることは
プラスの強みになります。
不得意なことをサポートしてもらえるように
得意なことが一つでも多く作りましょう。

 

 

不得意なことを認めるのはつらいものです。
ですが、不得意なことを自分自身で
抱え込むとさらに大変になります。

 

 

それならSOSを早めに出しておいて
サポートを受け入れましょう。
サポートをもらえたら、得意なことで
お返ししていけば大丈夫です。

 

 

ADHD特有の行動の中でも、
一般的に苦手とする人もいます。

 

 

例えば状況の変化に柔軟に適応ができるのは
ADHDの人の強みです。
アイデアが豊富で、固定概念に
とらわれず自由なのもプラスです。

 

得意なことを、自分で把握する事が第一です。

無理だと思ったら、早めに周囲の協力を仰ぎましょう。

 

向き不向きを把握しておこう

ADHDを持っていると
向いている仕事
向いていない仕事があります。

 

向いている仕事

体を動かす仕事
営業職やスポーツ選手など

 

対象に興味が強い仕事
研究職

 

向いていない仕事

デスクワーク
単調な仕事、同じことを繰り返す仕事
事務、経理、総務など

 

持続的な集中力を必要とする仕事
工場などのライン作業や検品も

 

注意力散漫になると危険な仕事
運転や機械操作

 

時間やルールが厳しい仕事
ADHDの人にとっては苦痛です。
営業などは、行き先が毎日変わることで
新鮮に取り組むことができます。

 

 

自分に合った仕事を見つけることが
長く就業できるポイントと言えるでしょう。
どんなことなら集中できるのかなど
自分自身を分析してみましょう。

 

 

次のページでは上手な薬との付き合い方を
身につけようという話をします。
薬を上手に使ってADHDと付き合おう!

 

 

薬と上手に付き合っていこう!に進む

 

ADHDの対策方法に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

ADHDの特性を知ろう!
ADHDの人は時として予期しない行動をすることがあります。ですが、あらかじめADHDについて知っていれば、その『行動』の謎もすぐに解けるはずです。ADHDの特性を理解して接していきましょう。
ADHDは薬と上手に付き合うことで解消
薬で治療が可能なADHDは、薬を一生飲まないといけないわけではありません。薬を飲んでいる間は、自己コントロールができるようになるので、その間に自己コントロールや、対人関係についていろいろと特訓するようにしましょう。
ADHDがあっても社会や会社で通用する方法
対人関係でトラブルになりやすいものとして、話し方や相手への配慮などがあります。相手の話の間に割り込んだり、最後まで話を聞かないというADHDの特性がありますので、そういったところは注意が必要です。
ADHDのストレス解消法
ストレスを受けて生活することからは逃げることはできません。それならうまくストレスを解消できる方法を見つけましょう。自分に合った方法が見つかれば、どんな時もストレスを軽減することができるようになります。
ADHDでもサポートしてもらえるかどうかは自分次第
頼ることができない人がたまにいます。ですが、1人で生きていくことはできません。相手を見極めて、頼ったり助けてもらうことは大事です。もちろん、助けてもらえたら、自分ができることでお返しをすることも忘れないようにしましょう。
環境を合わせることで、ADHDの症状を緩和できる
生活環境を整えるということは、自分自身が生活しやすくなるともいえます。生活しやすい環境を整えて、ADHDの特性行動を軽減し、周囲といい人間関係を構築していきましょう。