社会に出る時に必要なスキルを知りたい方へ

あなたもソーシャルスキルを
手に入れたくありませんか?

 

 

社会で生活をする上で必要な能力を
ソーシャルスキルと言います。
これには、コミュニケーション能力や
社会性などが含まれます。

 

 

他にも、問題解決能力や対人関係、
感情コントロールなどがあります。

 

 

通常、ソーシャルスキルは成長するにつれて
自然と身につく能力です。
しかし、発達障害を含むADHDの人は
ソーシャルスキルが身につきにくいのです。

 

 

意思疎通の上での対人関係トラブルや
問題を解決できないことがあります。
これらはソーシャルスキルの未熟さ
原因であると考えられています。

 

 

これらが原因で、大切な人を失ったり、
孤立したりしてしまうこともあるでしょう。

 

大人になると欠かせない能力が、ソーシャルスキルです。

ここでは、ソーシャルスキルについて、説明します。

 

伝聞の仕方に注意

ADHDの人が失敗しやすい伝聞スキルには

こういったものがあります。

 

 

人の話を聞くことは苦手なもののひとつです。
上手な聞き方、上手な相槌などを
身につける努力をすることが上達の一歩です。

 

 

相手が話しやすく、理解していることが
相手に伝われば、申し分なしです。
このスキルを身につければ、対人関係での
トラブルもかなり減ると言えるでしょう。

 

 

大事なところは復唱して相手にもう一度
確認することも必要です。
相手が話終わってから、話し始めるのは
基本中の基本です。

 

相手が話している時は、よく耳を傾ける事がポイントです。

相槌を適宜入れ、話し終わるまで口は挟みません。

 

SSTって何?

SSTとはソーシャルスキルトレーニング

言われるものです。

 

 

社会で必要とされるソーシャルスキルを
実際に練習していきましょう。

 

 

ADHDの人が必要とするスキル

  1. 相手の話を聞くこと
  2.  

  3. 感情の中でも、特に怒りについてのコントロールも重要
  4.  

  5. 安請け合いしない努力
  6.  

  7. サポートがもらえる努力

 

大人でもSSTが受けられます

 

大人のADHDの人や発達障害の人を
対象としたSSTもあります。
必要としている人が集まるので
お互いの理解も早いはずです。

 

 

そういった場で、スキル磨きをすることで
社会にうまく溶け込めるでしょう。

 

 

 

SSTでは講師がアドバイスをしてくれます。
言い方や相手がどう捉えるかなどを考慮して
さまざまな角度からアドバイスをくれます。

 

 

合う合わないもありますが
一度参加してみる価値はあるでしょう。

 

SSTに参加し、社会に馴染める自分になりましょう。

ソーシャルスキルが、早く身につく可能性があります。

 

次のページではストレスをできるだけ
軽減して生活しようという話をします。
ストレスを溜めることはADHDの悪化につながる!

 

 

ADHDのストレス解消法に進む

 

ADHDの対策方法に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

ADHDの特性を知ろう!
ADHDの人は時として予期しない行動をすることがあります。ですが、あらかじめADHDについて知っていれば、その『行動』の謎もすぐに解けるはずです。ADHDの特性を理解して接していきましょう。
ADHDなら自分の得意・不得意分野を見極めよう!
苦手なものから逃げやすいのがADHDの人です。逃げても、また同じような状況は起こります。そしてまた逃げる、それを繰り返しています。ですが繰り返していても進まないので、少しずつチャレンジすることも心がけましょう。
ADHDは薬と上手に付き合うことで解消
薬で治療が可能なADHDは、薬を一生飲まないといけないわけではありません。薬を飲んでいる間は、自己コントロールができるようになるので、その間に自己コントロールや、対人関係についていろいろと特訓するようにしましょう。
ADHDのストレス解消法
ストレスを受けて生活することからは逃げることはできません。それならうまくストレスを解消できる方法を見つけましょう。自分に合った方法が見つかれば、どんな時もストレスを軽減することができるようになります。
ADHDでもサポートしてもらえるかどうかは自分次第
頼ることができない人がたまにいます。ですが、1人で生きていくことはできません。相手を見極めて、頼ったり助けてもらうことは大事です。もちろん、助けてもらえたら、自分ができることでお返しをすることも忘れないようにしましょう。
環境を合わせることで、ADHDの症状を緩和できる
生活環境を整えるということは、自分自身が生活しやすくなるともいえます。生活しやすい環境を整えて、ADHDの特性行動を軽減し、周囲といい人間関係を構築していきましょう。