自分に合ったストレス解消法を見つけたい方へ

ストレス解消で
ADHDが少し楽になりました

 

現代社会で生活をしていると
人はストレスに晒されて生活しています。
上手に発散できる方法を知っている人は
次の日にはスッキリ新しい1日が始まります。

 

 

自分に合ったストレス解消方法を見つけ
日々のストレスはその日のうちに解消です。
それが、毎日新鮮に生活をしていけるための
秘訣となるのです。

 

ADHDの人は、特にストレスを日々解消すべきです。

ストレスと上手に付き合う方法を、説明します。

 

ストレスがたまりやすい?

ADHDの人はストレスがたまりやすい

言われています。
もちろん、人は誰しもストレスを受け、
抱えて生きています。

 

 

ですが、ADHDの人は、ADHDの特性が原因で
さらにストレスがたまりやすいのです。
仕事や依頼を抱え込んでしまったり、
過密スケジュールでいっぱいになります。

 

 

先のことまで考えず、安請け合いした結果、
期日に仕上げられないこともあるでしょう。
知らず知らずのうちにダブルブッキング
よくある失敗のひとつです。

 

 

ミスや失敗、忘れ物が続くと
イライラが始まります。
イライラが始まると、感情の
コントロールが難しくなってきます。

 

 

そして無意識のうちに周りの人に当たり、
人間関係を悪化させていることもあります。
ストレスがたまりやすいことを自覚して
リフレッシュすることを心がけましょう。

 

ADHDの人は、思うようにいかない事も多々あり、

ストレスが溜まりやすいのです。自覚しましょう。

 

即答の返事はしないこと

依頼されたことなどの返事は
その場で即答しないことを心がけましょう。
答えてしまうと、撤回や修正ができません。

 

 

安請け合いが、自分を苦しめることになり、
相手からの信頼を失うことになりかねません。

 

 

返事としては、

 

スケジュールを調整してから返事します
or
いったん社に持ち帰って検討します


 

と答えます。

 

 

間をおき、冷静に考える時間を設けることで
本当に受けて大丈夫か考えられます。
それでできると判断したのであれば
受ける旨の回答を返せばいいのです。

 

怒りはストレスの元

ストレスの原因のひとつとして

怒りっぽいことが挙げられます。
怒りのコントロールができないため
イライラし、ストレスがたまるのです。

 

 

この怒りを自分でコントロールできれば
イライラがおさまります。
それが、ストレスの軽減につながるのです。

 

怒りの感情が出たら、なるべく感情を押さえましょう。

ストレスを溜めない為には、怒らない事もポイントです。

 

リラックス方法は十人十色

 

ストレスを軽減、もしくは解消するためには
心身ともにリラックスする必要があります。
リラックス方法も、好みがありますので
人それぞれ違います。

 

 

日々少しでもできるようなことが
毎日のストレス解消になります。
週末にまとめて発散できることでも
ないよりはいいでしょう。

 

 

体を動かすのが好きであれば運動です。
走ったり、スポーツをして汗をかき、
体を思う存分動かしましょう。

 

 

ゆったりしたリラックスが
好きな人もいるでしょう。
音楽を聞いたり、香りのアロマを
楽しむのもいいでしょう。

 

 

香りをいれたお風呂に長めにつかるもの
気持ちがいいものです。

 

 

次のページでは上手なサポートの
受け方を身につけようという話をします。
サポート次第でADHDの人の人生は大きく変わる!

 

 

ADHDの上手なサポートの受け方に進む

 

ADHDの対策方法に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

ADHDの特性を知ろう!
ADHDの人は時として予期しない行動をすることがあります。ですが、あらかじめADHDについて知っていれば、その『行動』の謎もすぐに解けるはずです。ADHDの特性を理解して接していきましょう。
ADHDなら自分の得意・不得意分野を見極めよう!
苦手なものから逃げやすいのがADHDの人です。逃げても、また同じような状況は起こります。そしてまた逃げる、それを繰り返しています。ですが繰り返していても進まないので、少しずつチャレンジすることも心がけましょう。
ADHDは薬と上手に付き合うことで解消
薬で治療が可能なADHDは、薬を一生飲まないといけないわけではありません。薬を飲んでいる間は、自己コントロールができるようになるので、その間に自己コントロールや、対人関係についていろいろと特訓するようにしましょう。
ADHDがあっても社会や会社で通用する方法
対人関係でトラブルになりやすいものとして、話し方や相手への配慮などがあります。相手の話の間に割り込んだり、最後まで話を聞かないというADHDの特性がありますので、そういったところは注意が必要です。
ADHDでもサポートしてもらえるかどうかは自分次第
頼ることができない人がたまにいます。ですが、1人で生きていくことはできません。相手を見極めて、頼ったり助けてもらうことは大事です。もちろん、助けてもらえたら、自分ができることでお返しをすることも忘れないようにしましょう。
環境を合わせることで、ADHDの症状を緩和できる
生活環境を整えるということは、自分自身が生活しやすくなるともいえます。生活しやすい環境を整えて、ADHDの特性行動を軽減し、周囲といい人間関係を構築していきましょう。