いろんな人からサポートを受けたい方へ

上手にサポートを得るための秘訣

 

小さい頃に周りから拒絶された経験をすると、

どうしても周りに頼ることができません。
サポートを求めることに不安になるのです。

 

 

理想的な相互関係を保てるように
頼りっぱなしではなく、助けてあげましょう。

 

周囲の人にサポートを得る為の方法について、お話しします。

頼るべきところは、頼れるようになりたいものです。

 

無視や批判は不安になる

 

ADHDのある人にとって、周囲からの無視や
拒絶、批判はとても心が傷つきます。
もちろん、一般的に考えれば
誰でも傷つくものです。

 

 

ですが、ADHDのある人にとっては
通常よりも深く突き刺さるのです。

 

 

小さい頃にそういった経験があることが多く、
それらには非常に敏感になっているのです。

 

 

会社などで上司に褒められると
嬉しくて、がんばろうと思えます。
ですが、少しでも注意や叱りを受けると
過大に受け止めてしまう傾向があります。

 

 

そのため、マイナスなことばかりを考えて
殻に閉じこもってしまうこともあります。

 

叱責に敏感なADHDの人は、実は非常に多いのです。

注意された時の受け止め方を、振り返ってみましょう。

 

パートナー選びは大切

 

社会で円滑な生活を送るためには
やはりサポートが必要となってきます。
そのサポートは、頼りっぱなしで
依存することではありません。

 

 

必要な助けをもらい、相手が必要とする
援助をすることが前提です。
お互いの不得手な部分を補い合い、
支え合うことのできる相手が必要です。

 

 

家族とも、友人とも、会社の人間とも
1人1人との関係構築が大事になります。

 

支えてもらう事ばかりを考えてしまうのはNGです。

お互いに支え合う事の出来る、真の関係を得ましょう。

 

支持してくれる人を味方に

ADHDを理解をしてくれる人がいる職場では

いい人間関係を構築することができます。

 

 

ADHDを理解してくれる人がいるのは
とても素晴らしいことです。
ですが、自分が努力して、
助けを得られるだけの魅力をつけましょう。

 

 

そうすれば、おのずと周りには
助けてくれる人が集まってくるのです。
いいことも悪いことも自分に返ってくる、
因果応報もあるということです。

 

人生のパートナー選び

ADHDがある人が注意しないといけないのは

人生のパートナー選びです。
もともと他人同士が一緒になるのです。
いい面、嫌な面、いろいろ見えるでしょう。

 

 

それでも相手を受け入れられる器があるから
山や谷があっても乗り越えられるのです。

 

 

ADHDの特性をより理解し、行動なども
広い心で許容してくれる人が必要です。
もちろん、相手も人間ですから、
相手以上に寛容に受け入れてあげましょう。

 

 

感謝の気持ち、素直な言葉を使って
相手には気持ちを伝えていきましょう。

 

 

次のページでは自分に適した
環境を作るようにしようという話をします。
環境作りが人生を左右する!

 

 

ADHDの環境の作り方に進む

 

ADHDの対策方法に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

ADHDの特性を知ろう!
ADHDの人は時として予期しない行動をすることがあります。ですが、あらかじめADHDについて知っていれば、その『行動』の謎もすぐに解けるはずです。ADHDの特性を理解して接していきましょう。
ADHDなら自分の得意・不得意分野を見極めよう!
苦手なものから逃げやすいのがADHDの人です。逃げても、また同じような状況は起こります。そしてまた逃げる、それを繰り返しています。ですが繰り返していても進まないので、少しずつチャレンジすることも心がけましょう。
ADHDは薬と上手に付き合うことで解消
薬で治療が可能なADHDは、薬を一生飲まないといけないわけではありません。薬を飲んでいる間は、自己コントロールができるようになるので、その間に自己コントロールや、対人関係についていろいろと特訓するようにしましょう。
ADHDがあっても社会や会社で通用する方法
対人関係でトラブルになりやすいものとして、話し方や相手への配慮などがあります。相手の話の間に割り込んだり、最後まで話を聞かないというADHDの特性がありますので、そういったところは注意が必要です。
ADHDのストレス解消法
ストレスを受けて生活することからは逃げることはできません。それならうまくストレスを解消できる方法を見つけましょう。自分に合った方法が見つかれば、どんな時もストレスを軽減することができるようになります。
環境を合わせることで、ADHDの症状を緩和できる
生活環境を整えるということは、自分自身が生活しやすくなるともいえます。生活しやすい環境を整えて、ADHDの特性行動を軽減し、周囲といい人間関係を構築していきましょう。