相手を認めて評価していきたいと考えている方へ

あなたも最高の人生を
手に入れたくありませんか?

 

 

ADHDの行動特性は、ある意味、
ADHDの人たちが持つ長所ともいえます。
この特徴を生かしてあげることは
ADHDの人の強みが生きることになります。

 

ここでは、ADHDの特性の見方を変えてお話しします。

長所を生かすという発想が、大切なのです。

 

行動特性は長所へ変わる

ADHDの行動特性〜一般的な見方

  • 集中力がない
  • 考えず行動する
  • 忘れっぽい 

 

など、これらは言葉だけを聞くと
短所ととらえてしまいがちです。
しかし、逆に考えてみるとどうでしょう。

 

ADHDの行動特性〜長所だと思って見る

  • 集中力が短い分、一気に集中することができる
  • 思い切って行動にうつせる
  • 根に持たないいい性格

 

組織の中で生活をしていると
どうしても協調性がないとだめと思われます。
しかし、ADHDの人の持つ個性を
十分に生かすことで、能力が発揮できます。

 

 

1個人としての力で考えれば、決して
ほかの人と比べて劣ることはないのです。

 

仕事でも生かせる

ADHDの人が就きやすい仕事もあります。

豊かな想像力や、決断力の速さは
役職レベルでの能力にも匹敵します。

 

 

ADHDの特性をプラスとして生かせる仕事を
見つけることが、能力開花につながります。
なかなか、そういった仕事は少ないですし
見つけるのも苦労するでしょう。

 

 

ですが、一生を左右する大事なことです。
ADHDを持っているからとネガティブにならず
前向きに探していきましょう。

 

ADHDの人だからこそ、向いている職業もあります。

自分の特性を見直し、天職を探していきましょう!

 

家庭では注意する必要も

会社や学校などでは、毎日が変わるため

いろいろなことができます。
それは、単調な日ではなくなるということに
つながっています。

 

 

ADHDの人にとって、家庭は一番
魅力を発揮しにくい場所かもしれません。
どちらかというと、ADHDがあるせいで
トラブルや衝突が多くなるでしょう。

 

 

単調作業な家事や育児では
力を発揮できないかもしれません。
ですが、一緒にいたらびっくり箱のように
楽しい人にもなれるはずです。

 

 

そんなADHDのいいところを生かして
家庭にも笑いを増やすといいでしょう。

 

ADHDだからこそ、家庭の中で変化を見つけましょう。

能動的に動き、人生を豊かにしていくべきなのです。

 

 

ADHDの支援方法に進む

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

ADHDの特性を理解しよう!
どんなことでも無理にさせなければ、ADHDを持っていてもがんばって取り組めるものです。がんばっている姿をみかけたら、ちゃんと見ているよという意思表示をしてあげることも気遣いのひとつです。
健康管理は冷静な判断をしよう
どんなことでも任せっきりにすると、確認漏れなどが出てきます。ADHDの人に任せる時は特に確認をきちんとすることを心がけましょう。その時に失敗やミスを見つけ、次から改善できるようにする努力を怠らないようにしましょう。
衝突しそうな時を見極めて回避しよう
身近な人ほど、いったん溝が深くなってしまうと戻りにくいものです。大切な人を失わないように、常に気持ちをきちんと伝えましょう。普段からいろんなところでサポートをしてくれているはずです。感謝の気持ちは特に忘れないように、声に出して伝えるようにしましょう。