無理にさせずスムーズに作業をしたい方へ

あなたが無理にさせなければ、
挑戦することができます

 

ADHDだと知らずに接していると

目につくところがいろいろと出てきます。
話を聞かない、約束を忘れる、見通しが甘く、
期日に間に合わないなどです。

 

 

これらは本人が一番困っていると感じている
ADHDの特性でもあります。
こうったことを理解し、接することで
お互いの気遣いの仕方が変わるでしょう。

 

ADHDの特性を知り、対処していく必要があります。

ここではADHDの対処法について、お話しします。

 

ミスや失敗をしてしまったら

誰でもミスや失敗はしてしまうものです。
その後の行動が、今後につながっていきます。

 

 

ADHDの人は普通の人に比べて、
脳の問題のため、ミスや失敗が多いです。
してしまった時は、謙虚に謝りましょう。
まずは謝ること、これは大事なことです。

 

 

そして相手への弁解や、話し合いをすれば
話は意外とスムーズに解決するはずです。

 

 

ですが、素直になれないようであれば
問題は悪化します。
ADHDということすら理解して
もらえないことにもつながりかねません。

 

 

それは、自分自身の評価を自分で
下げている行為と同じです。
自分に非がある時は、それを素直に認めて
謝罪する気持ちを持ちましょう。

 

ミスが多いのはADHDの特性なのですが、素直な

謝罪が無ければ、問題はADHDでは済まなくなります。

 

不得手なことは助けてもらう

ADHDの特性上、苦手とするものがあります。

どうがんばっても、できないことも
多々あるでしょう。

 

 

そのような場合に、周りからのサポート
得られるようにしておくことが大事です。
1人でするよりも、周りの協力を得て
物事をこなす方がスムーズです。

 

 

家では、家事を分担したり、
共同で作業をしたりすると会話も増えます。
得意なものをそれぞれがすることで
苦手分野をサポートし合うことができます。

 

 

料理が苦手な人もいるでしょう。
苦手であっても、会話しながら挑戦したり
上手な人に付き合ってもらうと上達します。

 

 

コミュニケーションをとりながら
人間関係を深めていく方法にもなります。
苦手なものを使って会話することは
距離を縮める手段にもなるでしょう。

自分からADHDだと告げるのは、勇気が必要です。

ですが、手伝って貰いながら挑戦する意義は大きいのです。

 

言えずに悩んでいる?

どんなものでも、自分でコンプレックスだと
感じていると言い出せないものです。
ADHDだと周囲に言える人
どれだけいるでしょう。

 

 

自分から周囲に伝えることも大事ですが
気付いてあげる優しさも時には必要です。
ADHDかも、と思い込むのはよくないですが
そう考えて接すると優しくなれるでしょう。

 

 

ADHDの特性の現れ方には個人差があり
みんな同じようには出てきません。
ADHDでも上手に社会に適応することができて
生活に支障がない人もいるのです。

 

 

どちらにしても、周りの人に目を向ける余裕、
気配りの優しさが大事だということです。

 

 

次のページでは一緒に確認すると
忘れることを防げるだろうという話をします。
任せ過ぎるのではなく、確認することも必要!

 

 

健康管理は冷静にしように進む

 

ADHDの支援方法に進む

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

健康管理は冷静な判断をしよう
どんなことでも任せっきりにすると、確認漏れなどが出てきます。ADHDの人に任せる時は特に確認をきちんとすることを心がけましょう。その時に失敗やミスを見つけ、次から改善できるようにする努力を怠らないようにしましょう。
衝突しそうな時を見極めて回避しよう
身近な人ほど、いったん溝が深くなってしまうと戻りにくいものです。大切な人を失わないように、常に気持ちをきちんと伝えましょう。普段からいろんなところでサポートをしてくれているはずです。感謝の気持ちは特に忘れないように、声に出して伝えるようにしましょう。
ADHDの短所は捉え方次第で長所に変わる
相手のいいところを見つけることは、相手の長所を伸ばすことにもつながります。人はどうしても短所に目が行きがちです。ADHDの人の行動特性を逆の考え方で、長所ととらえることで、相手を認めてあげることができるようになるでしょう。