健康を維持してADHDを緩和したい方へ

健康維持で冷静な判断が
できるようになりました

 

 

ADHDを持っている人はどうしても
忘れやすかったり、ミスをしたりします。
全てをその人任せにしないようにする
ミスや失敗を軽減することができるでしょう。

 

 

仕事を任せることも大事なことですが
任せっきりにせず確認するようにしましょう。

 

 

任せっきりにしないこと

任せられるとどんな場面でも嬉しいものです。

ですが、ADHDの人は忘れっぽいところがあり、
それをサポートすることも大事です。

 

 

特に金銭についての管理は苦手なものです。
こういったものについては、任せたあとの
フォローが大事です。

 

 

場合によっては一緒に確認をしたり
毎日チェックするように心がけましょう。

 

ADHDだと分かっているなら、周囲の注意は必須です。

仕事は様子を見て、任せる事がポイントです。

 

出す指示は小出しにする

たくさん伝えると、忘れてしまうことが

多いので、伝え方に注意しましょう。
少しずつ分けて、相手が分かるように伝え、
相手が理解したことを確認しましょう。

 

 

コミュニケーションの一環で、普段から
雑談ができる仲であれば、話しやすいです。
いいことも悪いことも言い合える
環境作りも大事なことです。

 

 

会話の中から、ADHDの人が困っていることは
見つけて助けてあげましょう。

 

仕事の時間外にも、よく会話を交わしておきましょう。

指示の出し方も小出しにするなど、工夫が必要です。

 

単位修得は大切なこと

 

学生だと、授業ごとの単位などの管理が
難しいと感じることがあります。
出席日数、課題の提出状況、試験の点数、
これらの自己管理が必須になります。

 

 

うまく管理をしていかなければ
留年したり、卒業できなくなってしまいます。
単位を落としてしまわないように
友人のサポートがもらえるようにしましょう。

 

 

また、家族にもうまくフォローしてもらえる
人間関係の構築も必要でしょう。

 

単位取得の為の、自己管理は忘れずに!

必要な時は、家族や友人に助けてもらってください。

 

健康管理は重要なポイント

 

ADHDのある人は、過食は過飲などをしやすく、
健康への被害が出ることがあります。
夜更かしや寝過ぎたりして、体調不良を
起こすこともあるでしょう。

 

 

健康を保つことで、冷静な判断ができ、
周囲との関係が良好になるのです。

 

 

また、薬を飲んで治療をする場合は
周りのサポートが大事になります。
飲み忘れないように、定期的にきちんと
飲んでいきましょう。

 

 

定期的な服用を自己管理することは
他の管理の練習にもなります。
忘れないように気を配りましょう。

 

 

次のページでは怒りのコントロールを
上手にしようという話をします。
怒りが少なくなればストレスも減る!

 

 

衝突する時期を見極めようにしように進む

 

ADHDの支援方法に進む

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

ADHDの特性を理解しよう!
どんなことでも無理にさせなければ、ADHDを持っていてもがんばって取り組めるものです。がんばっている姿をみかけたら、ちゃんと見ているよという意思表示をしてあげることも気遣いのひとつです。
衝突しそうな時を見極めて回避しよう
身近な人ほど、いったん溝が深くなってしまうと戻りにくいものです。大切な人を失わないように、常に気持ちをきちんと伝えましょう。普段からいろんなところでサポートをしてくれているはずです。感謝の気持ちは特に忘れないように、声に出して伝えるようにしましょう。
ADHDの短所は捉え方次第で長所に変わる
相手のいいところを見つけることは、相手の長所を伸ばすことにもつながります。人はどうしても短所に目が行きがちです。ADHDの人の行動特性を逆の考え方で、長所ととらえることで、相手を認めてあげることができるようになるでしょう。