ADHDの兆候と合併症を知りたい方へ

子供の頃から、症状が出ている!?
ADHDの兆候と合併症とは

 

 

ADHDだと気付かれないまま、
大人になる人は大勢います。
私も、その中の一人でした。

 

 

「落ち着きが無い」「躾が悪い」
と責められ、大変辛い思いをしている親子
今も確かに存在します。

 

 

ここでは、私の経験も踏まえ、
子供時代から見分ける事が出来るADHDの兆候と
放置しておく危険性について、説明します。

 

幼児時代に現れる、ADHDの兆候

幼児から小学校就学の年代の子供は

様々な事に興味を示し、
じっとして等いられません。

 

その為、ADHDの特徴だと言われる
多動や不注意も
「子供だから仕方ない」で済まされがちです。

 

ですがADHDの子供は、
その「程度」が強く現れます。
その為、周囲から叱られることが多く
小さな胸を痛めています。

 

大人の見極めが重要な年代だと言えるでしょう。

 

詳しい解説はこちら

 

ADHDの3つのタイプを知ろう

ADHDは、人によって特性の出方が異なります。

その為、同じADHDの人でも対応が異なるのです。

 

不注意優勢型

多動性・衝動性優勢型

混合型

 

上記3つのタイプは、
男女によって現れる比率も異なります。

 

どのタイプなのかを知ることが、
改善の為の第一歩になるでしょう。

 

詳しい解説はこちら

 

ADHDになる原因は遺伝?

現在までに分かっている原因の一つに、
遺伝が挙げられます。

 

ですが遺伝する確率も、
すでに判明しておりますので
正しい理解が必要とされるでしょう。

 

ADHDは、脳の機能に問題があるのですが
現在は投薬治療などで、改善が見込まれます。

 

詳しい解説はこちら

 

早期発見が必要な理由〜合併症・併存症〜

性格のせいにされたり、

やる気が無いと思われるなど
成長が進むにつれて、周囲からの評価が
どんどん下がってしまうADHDは

 

なるべく早い段階で診断を下し
適切な治療と周囲の対応が必要とされます。

 

その理由は、合併症や併存症を併発するからです。
周囲から否定され続ける事で
うつや強迫性障害、素行障害を併発します。

 

最悪の場合、死という選択を
してしまう事もありますので、注意が必要です。

 

詳しい解説はこちら

 

私自身、子供の頃から周囲の大人に叱られてばかりで、
しかも成長すればするほど、
より辛い毎日を過ごしていました。

 

ですが、ADHDの事を正しく理解し
ADHDの人に最も適した暮らし方を選択すれば
生きる事が辛くなくなり、併存症も軽くなっていったのです。

 

現在、ADHDの症状で悩んでいる方がいるならば、
楽しい人生が過ごせる選択をしていきましょう!

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

adhdとは<<子供は遺伝が原因>>症状や病気の特徴記事一覧

発達障害があると気付くための秘訣実は、ADHDの兆候って小さな子供のころから現れていることがあります。でも、子供だからと見過ごされることも多く、気付かれないまま大人になっていきます。気になることがあれば、小さなことでも解決していくことが大事です。ここでは、子供の発達障害に気づくポイントについてお話しします。見逃さず、サインを捉えていきましょう。ここでは、子供の発達障害に気づくポイントについてお話し...

タイプ別で柔軟に対応できるようになりました!!ADHDにはタイプがあり、それらは3つに分類されています。人によって、どんな特徴が現れるかを分析すると、おおよそ3つに分かれました。ひとつだけではなく、複数持っていることもありますが。一番強く現れるものがADHDの特性となるのでそれにうまく対応していきましょう。ここでは、ADHDの3つの特徴について説明します。強く表れているものが無いか、チェックしてい...

脳の動きを把握してADHDと付き合う方法ADHDの人の脳は、一般的な人と比べて違った動きをしています。そのうちで、ある部分の動きが鈍くなっているのです。それがADHDの行動に、影響を与えているのかもしれません。ある部分とはどこか、それは脳内の2つの部分となります。ここでは医学的に、ADHDの脳の動きに関して説明します。客観的に知る事で、対策も立てられるでしょう。ここでは医学的に、ADHDの脳の動...

あなたの家はADHD家系ですか?ガン家系という言葉があるようにADHDにも家系があると言われています。遺伝性があることが分かってきたため、子がADHDだと、親もその可能性があるのです。もちろん、逆も然りです。これは遺伝子それぞれが持つ型にADHDの人の場合は違う型があるからなのです。しかし遺伝するからと深刻に考えるほど怖い病気でもありません。自分自身のことをきちんと理解することで周りのサポートを得...

実行機能にきちんと働いてもらう方法 ADHDの人は、脳内の実行機能に問題があります。ここが適切に動いていないため、行動や判断に狂いが生じるのです。何か目標を立てて行動する場合普通は計画を立てて先の見通しを見ます。ADHDの人は、この部分が的確にできないため、苦労するのです。いよいよ、脳の実行機能について説明していきます。知識を持っておけば、冷静な対応が出来るものです。いよいよ、脳の実行機能につい...

あなたも周りのサポートを手に入れたくありませんか? 子供でも大人でも、ADHDという病気自体は根本的には同じものになります。これは完治しない病気であるためうまく付き合う方法を見つけましょう。病院では薬の処方や行動療法などで緩和させることが可能になってきています。大人と子供では、ADHDの症状に差が出るのでしょうか?気になるその違いを、詳しく解説していきます。大人と子供では、ADHDの症状に差が出る...

私はどのように合併症になったのかADHDの人は通常、併存障害を持っていることが多いと言われています。子供を対象にした調査で、そのような結果がでているのです。併存症以外にも、ADHDに併発するような合併症もあります。ADHDの子供のうちの合併症割合ADHDのみで合併症がない子供は全体の約28%です。残りの子供たちは、少なくともひとつ以上の併存症を持っているのです。あまりストレスにさらされない子供で...

学習障害からADHDを見つける方法ADHDと併発して起こるものを、合併症や併存症と呼んでいます。これらの特徴を理解し、把握することはとても大事なことです。特徴を見つけることができれば早期発見にもつながります。ここでは、ADHDと併発して起きる障害などについて説明します。冷静な見極めが必要とされます。学習障害とは学習障害は発達障害のうちのひとつです。読み・書き・算数の3つに対して現れる障害です。知...

私はどのように強迫性障害を見つけたか合併症や依存症と呼ばれる代表的な中に学習障害や自閉症があります。その他にも、てんかんやチック障害、強迫性障害などもあります。ADHDに併発しやすい、強迫性障害についてお話しします。心当たりがないか、チェックしましょう。ADHDに併発しやすい、強迫性障害についてお話しします。心当たりがないか、チェックしましょう。強迫性障害って何?人によって対象が変わりますが、ある...

警告「ADHDには複数の合併症が存在する」ADHDの合併症として、併存症以外にも障害があります。特に小学校から中高生に多く反抗挑戦性障害や素行障害が挙げられます。ほとんどが、小学校高学年〜中高生ぐらいで発症すると言われています。反抗挑戦性障害の特徴周りの大人にADHDの行動を受け入れられず、育った子供がいるとしましょう。怒られたり、無視し続けられた子は大きな無力感に襲われます。それが続くと、自分を...

あなたがADHDなら、うつや不安障害は治せますADHDの人の中で、合併症を患う人がとても多くいます。周囲に対して攻撃的になる反抗挑戦性障害や素行障害があります。それ以外にも、精神的な病に陥る人もいます。それは不安障害やうつといった、現代人に多い疾患です。不安障害やうつを治療しても、なかなかよくならない人もいます。それは根本原因にADHDという病気があるからかもしれません。ADHDの特有行動のせいで...