ケガや事故を未然に防ぎたい方へ

ケガや事故に合わないように
未然に防ぐ方法

 

普通に過ごしている上での、
ケガや事故の確率はそれほど高くありません。
ですが、ADHDの人のケガや事故率
かなり高いと言われています。

 

 

原因の一つとしては、注意力散漫で
周りが見えていないことがあります。
タイヤ止めに気付かない、前を見ておらず
電柱にぶつかった、などです。

 

 

普通であれば、最低限の注意を払って
移動するはずです。
でも、それを当たり前にできないので
ケガすることが多くあります。

 

注意力散漫はケガを引き起こす元

ADHDの特性のひとつである注意力散漫

周囲に気を回せないことがあります。
対人関係ではもちろんのこと、
1人でいる時も同じことです。

 

 

またADHDと併発して発達障害がある場合
体の動きを認識できていないことがあります。
その場合は、当たると考えないため
ぶつかってケガをすることも考えられます。

 

 

通常、歩く先に石が落ちていれば
回避して歩く行動にうつります。
ですが、当たると思っていないため
そのまま歩き続け、つまづくのです。

 

ADHDの人は、注意力を意識して払う必要があります。

ケガ゙や事故の防止には、注意力が欠かせません。

 

車の運転は特に注意を

事故を起こす確率が高いのが

ADHDを持っている人だと言われています。
原因のひとつには、やはり注意力散漫が
あげられています。

 

 

また、車幅を感覚で覚えにくいため
曲がる時などにぶつかってしまいます。

 

 

また、集中力が途切れやすいという
特性もADHDにはあります。
長時間の運転は集中力の低下につながり
事故発生率をも高めます。

 

 

運転は簡単そうに見えて、
実はいろいろなことに気を配っています。
実際にそれらがきちんとできているかを
同乗者に確認してもらうのも大事です。

 

 

見通しの甘さもあるので、車が少ないから
一時停止でも止まらずに行くことがあります。
普段めったに車が来ない道で、たまたま
その時は車が来ていて事故になるのです。

 

 

これぐらいなら大丈夫という
見通しの甘さは捨てましょう。
車は人の命を奪ってしまうことがあります。

 

命の危険が高まる、自動車の運転こそ気をつけてください。

ADHDの特性で、事故に繋がりやすいからです。

 

気持ちにゆとりを持って

ケガや事故にあわないのが一番です。

絶対にあわない方法はありません。
ですが、減らすことはできるのです。

 

 

人間だれしも、急いでいると
注意力散漫になります。
イライラすると、周りへの配慮が欠け
相手の行動ひとつで暴走することもあります。

 

 

時間的にも、気持ち的にも
ゆとりを持つことが事故軽減につながります。
いつもより5分早く行動することで
切迫する状況を回避できるのです。

 

 

早く行動を始めることで、
何か新しい気付きに出会えるかもしれません。

 

ADHDの人は特に、心と時間に余裕を持ちましょう。

ハンドルを握る時は、注意力が持続する時間も把握します。

 

次のページでは感情のコントロールは
深呼吸しようという話をします。
怒りのコントロールができると幸せがやってくる!

 

 

すぐ怒る人の対処法に進む

 

ADHDの家庭での問題一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

@部屋が片付かない
自分で片付けても、どうしても片付かない時があります。そんな時は家事代行に依頼するといいでしょう。家事代行で来てくれる人はお掃除のプロです。プロの掃除の段取りの仕方や流れを見て、掃除のコツを身につけましょう。
A物の置き場所を忘れる
整理整頓が苦手なADHDの人は、どうしても置く場所がばらばらで、どこに置いたか分からなくなることがあります。そういうことで物もなくしやすく、必要な時に必要なものが使えないことがあります。定位置を決めることでかなり解消されます。
B家事が苦手・段取り良くできない
リストを活用することで、忘れずに物事を進めることができるようになります。特に家事などは立て続けにすることも多いです。時系列にリストを作ることで、忘れないように進めていくことができるようになるでしょう。
C生活習慣が乱れやすい
物事に熱中してしまうと、なかなかやめることができないのがADHDの特徴のひとつです。テレビなどは時間を決めてタイマーセットをしたり、飲食の分量を決めておくのも大事なことです。
D金銭管理が苦手
お金の管理は上手な人と下手な人がいます。ADHDの人は下手な人が多いと言われています。不必要なものを買ってしまったり、見通しの甘さから高額なものを買ってしまい、支払えないこともあります。金銭管理ができる工夫をしましょう。
Fすぐ怒る・怒りが抑制できない
怒りにまかせて、相手にそれをぶつけると、ぶつけられた相手はおそらく理不尽なことを言われたと深く傷つきます。せっかくの人間関係をつぶさないように、自分自身の怒りをコントロールする必要があります。
G人間関係・家族関係が苦手
人間関係において、言葉遣いが一番大きく影響を与えます。そんなつもりで言ったわけじゃないのにと思っても、相手は大きく傷ついている可能性もあります。相手に優しく伝わる言い方を身につけると、人間関係もスムーズになります。