リストをうまく活用して家事上手になりたい方へ

時系列にリストを作るための方法

 

 

段取りよく家事を進められるように
まず準備をします。
特にADHDの人は、やっている途中で
混乱してしまいます。

 

 

また、複数のことを同時に進めることを
苦手とします。

 

 

洗濯物を干している時に、宅配が届くと
そちらに集中し、洗濯の事は忘れます。
そしてしばらくした後、
途中のまま放置された
洗濯かごに気付くのです。

 

 

そこでやっと、洗濯物を干していたことを
思い出すといった具合です。

 

1日ですることをリスト化する

するべきことを時系列で書き出しましょう。

ホワイトボードを活用するのもいい方法です。
書いたら、目につくところ
貼っておきましょう。

 

 

その時に時系列の前にある項目が
きちんと終わっているか合わせて確認します。

 

 

ADHDの人は集中すると、他のことが
目に入らなくなります。

 

 

料理中、特に火をつけている時は要注意です。
離れてしまった後、火の存在に忘れないよう
注意しましょう。

 

買い物に行くときもリストを作ろう

ADHDの人は家事が苦手です。

買い物で失敗しないようにしましょう。

 

 

冷蔵庫の中身を知らず、
同じものを買ってしまうことも多くあります。
消費期限のあるものがほとんどなので
買い込んで処理できなくなることもあります。

 

 

書いたリストはすぐに買い物に行くカバンに
入れるようにしましょう。
せっかく書いたのに、忘れてきてしまっては
元も子もありません。

 

 

こうした作業を習慣づけると忘れたり
失敗することを減らせるようになります。
減らせると、家事をすることに
自信を持つことができます。

 

肩に力を入れ過ぎないで

 

家事は、同じ作業の繰り返しです。
作る『料理』は違えど、作る行為は同じです。
ADHDの人が苦手とするルーティンワーク
家事には多いのです。

 

 

絶対にしないといけないものはしましょう。
ですが、手を抜けるところは抜いて
肩の力を抜くことも大事なことです。
作業を続けていけるような工夫を考えます。

 

 

また、やらずにおいておくと
後でデメリットがあると考えましょう。
そうすると、

 

 

 

『今やってしまった方が得なのでは?』


 

と思え、作業することも気持ちが楽になります。

 

 

例えば、汚れてしまった
フライパンがあるとしましょう。
ADHDの人は、これを今すぐ洗いたいとは
どうしても思えません。

 

 

ですが、後に回すと、汚れが落ちにくくなり、
さらに水仕事が大変になります。
それなら、今洗っておいた方が後で楽
思えるようになるのです。

 

 

あまり無理をすると、余計に疲れてしまい
さらに頑張る力もなくなってしまいます。
うまく進めていけるような気持ちの
持ち方も大事な工夫のひとつなのです。

 

自分の気持ちを、コントロールしましょう。

今やってしまった方が良い!と思えたら勝ちなのです。

 

次のページでは生活習慣を
乱さないようにしようという話をします。
夜更かしは生活習慣を乱す大きな要因!

 

 

生活習慣が乱れやすい人の対処法に進む

 

ADHDの家庭での問題一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

@部屋が片付かない
自分で片付けても、どうしても片付かない時があります。そんな時は家事代行に依頼するといいでしょう。家事代行で来てくれる人はお掃除のプロです。プロの掃除の段取りの仕方や流れを見て、掃除のコツを身につけましょう。
A物の置き場所を忘れる
整理整頓が苦手なADHDの人は、どうしても置く場所がばらばらで、どこに置いたか分からなくなることがあります。そういうことで物もなくしやすく、必要な時に必要なものが使えないことがあります。定位置を決めることでかなり解消されます。
C生活習慣が乱れやすい
物事に熱中してしまうと、なかなかやめることができないのがADHDの特徴のひとつです。テレビなどは時間を決めてタイマーセットをしたり、飲食の分量を決めておくのも大事なことです。
D金銭管理が苦手
お金の管理は上手な人と下手な人がいます。ADHDの人は下手な人が多いと言われています。不必要なものを買ってしまったり、見通しの甘さから高額なものを買ってしまい、支払えないこともあります。金銭管理ができる工夫をしましょう。
E怪我や事故が多い
集中力の低下や注意力の散漫がケガや事故を誘発します。同乗者がいる場合は、相手に助けてもらったりするのも方法のひとつです。小さなミスが大きな事故につながります。軽視せず、回避する努力は常にしましょう。
Fすぐ怒る・怒りが抑制できない
怒りにまかせて、相手にそれをぶつけると、ぶつけられた相手はおそらく理不尽なことを言われたと深く傷つきます。せっかくの人間関係をつぶさないように、自分自身の怒りをコントロールする必要があります。
G人間関係・家族関係が苦手
人間関係において、言葉遣いが一番大きく影響を与えます。そんなつもりで言ったわけじゃないのにと思っても、相手は大きく傷ついている可能性もあります。相手に優しく伝わる言い方を身につけると、人間関係もスムーズになります。