うまく片付けられるようになりたい方へ

代行ですっかりきれいになりました

 

 

ADHDの人は片付けることが苦手です。
どのように片付けたらいいのかが
分からないという人もいるでしょう。

 

 

また片付けていると、別のことに気がいき、
片付けていることを忘れてしまいます。
時間がたって、片づけているどころか
さらに散らかってしまうこともあるでしょう。

 

 

好きなことには集中できるのも
ADHDの人の特性でもあります。
片づけのコツを押さえて
手早くする方法を身につけましょう。

 

ADHDの人へ、上手上手な片付け方法を伝授します。

コツさえ掴めば、必ず部屋は片付いてしまいます。

 

少しずつ小分けにする

整理整頓が苦手で、片付けているつもりが
さらに散らかっているということもあります。
そうならないように、ポイントを押さえて
片付けを進めましょう。

 

今日はこの区画というように、場所を決める

片付けをするコツは、少しずつ小分け
きれいにしていくことです。

 

場所を決める方法は有効です。

 

時間で決める

決めた時間、集中して取り組みます。
決めた時間が終わるまで
きちんと集中して片付けましょう。

 

得意な人に頼んでみよう

どうしても1人ではできないと感じるので

あれば、得意な人にお願いしてみましょう。
頼みやすい家族や友達に声をかけて
助けてもらうのです。

 

 

何をしていいか分からないのであれば
するべきことを指示してほしいと伝えます。
具体的に伝えてもらうことで、
取りかかりやすくなるでしょう。

 

 

助けてもらったら、きちんとお礼をします。
言葉でのお礼はもちろん、『お返し』を
することで、また助けてもらえるはずです。

 

どのように片付けたら良いか、指示を出して貰います。

片付けが終了したら、必ずお礼をしてください。

 

ほかの人の手助けを得る

家族や友達にお願いすると、距離が近い分、
逆にマイナスのことも言われます。

 

 

 

こんなに散らかってるの?


など言われると
やはり気持ちも滅入ってしまいます。

 

 

そういったことを回避するためには
家事代行などを使うのもひとつの手段です。
出費をしてしまいますが、気持ちの面では
後腐れがないので負担にはならないでしょう。

 

 

家事代行の人はお掃除のプロです。
決められた時間に、
依頼の場所を片付けてしまいます。

 

 

片付ける量、与えられた時間、自分の力量
これらを瞬時に判断して取りかかるのです。
段取りを組むのは慣れるまで難しいです。

 

 

プロの動き、片付けの流れなどを見ることで
少しずつ真似していくといいでしょう。
何度も繰り返していると、少しずつ
コツがつかめてくるはずです。

 

自分では無理だと思ったら、代行をお願いしましょう。

家事代行サービスの技を、参考にする事も出来ます。

 

次のページでは物を紛失しないための
工夫をしようという話をします。
管理上手になるための工夫を覚える!

 

 

物の置き場所を忘れる時の対処法に進む

 

ADHDの家庭での問題一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP

関連ページ

A物の置き場所を忘れる
整理整頓が苦手なADHDの人は、どうしても置く場所がばらばらで、どこに置いたか分からなくなることがあります。そういうことで物もなくしやすく、必要な時に必要なものが使えないことがあります。定位置を決めることでかなり解消されます。
B家事が苦手・段取り良くできない
リストを活用することで、忘れずに物事を進めることができるようになります。特に家事などは立て続けにすることも多いです。時系列にリストを作ることで、忘れないように進めていくことができるようになるでしょう。
C生活習慣が乱れやすい
物事に熱中してしまうと、なかなかやめることができないのがADHDの特徴のひとつです。テレビなどは時間を決めてタイマーセットをしたり、飲食の分量を決めておくのも大事なことです。
D金銭管理が苦手
お金の管理は上手な人と下手な人がいます。ADHDの人は下手な人が多いと言われています。不必要なものを買ってしまったり、見通しの甘さから高額なものを買ってしまい、支払えないこともあります。金銭管理ができる工夫をしましょう。
E怪我や事故が多い
集中力の低下や注意力の散漫がケガや事故を誘発します。同乗者がいる場合は、相手に助けてもらったりするのも方法のひとつです。小さなミスが大きな事故につながります。軽視せず、回避する努力は常にしましょう。
Fすぐ怒る・怒りが抑制できない
怒りにまかせて、相手にそれをぶつけると、ぶつけられた相手はおそらく理不尽なことを言われたと深く傷つきます。せっかくの人間関係をつぶさないように、自分自身の怒りをコントロールする必要があります。
G人間関係・家族関係が苦手
人間関係において、言葉遣いが一番大きく影響を与えます。そんなつもりで言ったわけじゃないのにと思っても、相手は大きく傷ついている可能性もあります。相手に優しく伝わる言い方を身につけると、人間関係もスムーズになります。