ADHDの特性で悩んでいる女性の方へ

私はどのようにADHDの特性を見せたか

 

ADHDの特性には、家事が苦手であるとか
段取りがうまくないといったものがあります。

 

 

特に女性が担うことの多い家事については
うまくできないことがあります。
そんな時、配偶者がよく思わないことが
夫婦関係を悪くすることもあります。

 

家事が苦手な女性のADHDの為に、楽になる方法を

お伝えします。肩の力を、抜くことがポイントです。

 

すべて女性がする必要はない

家事である掃除や洗濯、料理などは

女性の仕事と決まってはいません。
男性がしてもいいのです。
ただ、女性の方が上手だというだけです。

 

 

そういう意味では、できて当たり前ではなく
一緒に助け合っていくのも大事です。

 

 

家事ができないというのは、世間からの
風当たりは強いかもしれません。
ですが、そこは
お互いが守り合えばいいだけなのです。

 

 

人間なのですから、できることも
できないこともあります。
得意なことも苦手なこともあるでしょう。

 

夫婦が協力し合って、家事を行える家庭づくりが必須です。

家事は女性だけの仕事では無いと、認識しましょう。

 

良妻賢母は目指さない

女性なら誰もが良妻賢母になりたいと

思っているでしょう。
完全な良妻賢母になるためには
ADHDの特性が邪魔をすることもあります。

 

 

周りからいい奥さんだと言われる、
いいお母さんだと言われるぐらいが一番です。
手を抜けるところは抜く、するべきところは
きちんとする、メリハリをつければOKです。

 

完璧な良妻賢母は、ADHDの女性にとって大きな負担に。

手抜きをしても、良い妻でいられるのです。

 

普通が一番いい

固定化されている概念にとらわれると

しんどいだけなので忘れましょう。
自分自身がベストと思う理想像
目指せばいいのです。

 

 

ADHDの人はよく見せようと思うと
がんばりすぎてしまい疲れてしまいます。
ちょっと抜けてるけどかわいい人が
ちょうどいい感じなのです。

 

 

完璧すぎると逆に近寄りがたい人にも
なってしまいます。
少しぐらいはガードを甘くしておくことも
人間関係をよくするには必要なのです。

 

 

失敗した時は素直に謝ることができると
相手にも受け入れてもらいやすいでしょう。
素直で話しやすい、気さくな人を
目指していきましょう。

 

 

次のページではADHDについて
深く理解して対策しよう!という話をします。
ADHDの特性を深く理解することが大事!

 

 

ADHDの対策方法に進む

 

ADHDの家庭での問題一覧に戻る

管理人がADHDを克服した方法



スポンサードリンク


ADHD克服ブログTOP